<< 12月7日もボウリング | main | 結婚式 >>
PEとリーダーのノットについて
今まで、僕はPEはほとんどイカでしか使った事が無く、リーダーとPEとの
接続も電車結びだけ、でした。秋のイカしかしないので、強度をほとんど考えず
にすんだからです。

以前にも書きましたが、今回メバル釣りでフロロ2ポンドが切られ、
ナイロン3.5ポンドが切られ、そして今度はナイロン6ポンドに
しましたが、6ポンドまでにすると、飛距離、感度が激減^^;
釣っていて楽しくない(釣れない事はない)ので、今回初めてPEと
リーダーのノットを考えてみることにしました。
出来るだけ細い糸を使いたいので、ノットの強度不足は致命的^^;
ファイヤーラインクリスタル0.5号と、フロロ1.5号の組み合わせです。
で、色々な結び方を試したので、書いていきたいと思います。
(ついでに僕はととても不器用です^^;)
まず、めばるingのHPでも推奨されているFGノット、みるからにややこしい・・・
正直、出来る自信が・・・^^;
なので、できるだけ簡単そうなのからやってみました。

1.トリプルエイトノット→とても簡単、ですが時々ラインが滑って解ける、しかも
             両手で引っ張ると簡単に切れる、結び目が大きい、と
             いい所なし、でした><

2.ファイヤーノット→これも簡単、何回かしてみましたが、解けるのは皆無。
           結び目はまあ、普通、ですがリーダーがキャスト時に
           引っかかる方向にでてるのが気になる。そして、これも
           両手で引っ張ると結構簡単に切れてしまう。
           電車結びより多少いいかな?て感じです。

3.MIDノット→ラインを組む仕組みは編みこみ系の中では簡単な方、かな?
         ただ、細番手を使う場合、ラインの編みこみ30往復は、
         疲れますTT結び目も小さい(というかすべて編みこみなので
         ありません)結束強度もとても強い。手で引っ張ると、
         編みこみからではなく、PE側から高切れしました。
         ですが、悲しい事に、結びが安定しませんTT僕が不器用
         なせいが多分にありますが、とにかく、ノット締め込み時に
         すっぽ抜けが多かったです。でも、多少器用な方、なら
         とても良いノットだと思いました。

で、ついにあきらめて、FGノット試すことに^^;

4.FGノット→2回ほど試しましたが、これもノット作成中に、すっぽ抜け、
        あと、このノットラインの締め込み作業が難しい&しんどい
        作り方もややこしいし^^;1度もノット成功してないので、
        強度は?です。ですが強度は他のHPでもおすすめしてますから
        強い、と思われます。

5.フィッシャーマンノット→多少の編みこみがあるものの、結構簡単。
              ノットの安定度も抜群でした。強度はMIDや
              FGなんかの編みこみ系には劣るものの、
              (引っ張るとやはり結束部から破談、4回くらい
               試しました^^;)
              ファイヤーノットや電車結びなんかと比べると
              はるかに強い感じでした。結び目も小さく、
              リーダーのあまり糸がキャスト時にひっかからない
              様にでているのもいいかな?と思います。
              実際キャストすると、少しひっかかりますが^^;

というわけで、僕はPEとリーダーの接続はフィッシャーマンノットで
していく事にしました。
少しでも参考になったら幸いです^^;;



ロックフィッシュのお買い得アイテム大集合
メバルにガシラにアコウ、これらを狙うリール、ロッド、ルアーが お手頃価格で手に入る!一度覗いて損はないですよ!

キロアップ連発!春エギングの必須アイテム
キロアップを爆釣するための必須アイテムがここに集結!! 爆釣のコツとは?その為に必要な釣り具とは何か… その答えはココにあります!

ルアーでクロダイを狙う!必須アイテム集合
もう間もなくチニングが開幕しますよ!道具はしっかり揃っていますか? 揃っていないなら、必須アイテムまとめて紹介しています。便利ですよ!

バスフィッシングをベイトリールで楽しもう
もう噂のアラバマリグは試しましたか?アラバマリグを投げるなら やっぱりベイトタックル!あなたもアラバマリグで爆釣を経験してみて はどうですか?

カテゴリ:釣りうんちく | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wildhalf4649.jugem.jp/trackback/29
トラックバック