<< 昨日ボウリングに行って来ました。 | main | ボウリング行ってきました >>
ラインについて
勝手に僕がラインについて、思っている事を書きたい、と思います。

ラインは大きくわけて、ナイロン、フロロ、PE系とありますが
それぞれのメリットとデメリットを僕が思ったなりに書こうかな、と思います。

ナイロン・・・根ずれでの強度はフロロよりも劣る、との事ですが、最近の
       低伸度ナイロンは、フロロと遜色ないのでは?と思ってます。
       感度も浅場(1〜2m)なら、フロロと遜色ありません。
       フロロと違い、ラインが軽く、糸がたれさがらない為
       浅場でのドリフト、水面直下での当たりを取る事は
       フロロより優れている、と思います。あと、飛距離は、フロロ
       と比べ、とてもよく飛びます。ライントラブルも少ないです。
       ただ、風があるときは、ラインが流されて、釣りにくく、
       フロロのほうが断然使いやすいです。あと、底(2mより深い)
       の感度は、フロロより、劣ります。
       メバルinhで快適に使えるのは4ポンド(1号)まで、
       と思っています。

フロロ・・・飛距離は3つの中では最低、ライントラブルもナイロンよりも
      多いです。個人的にはメバルingで快適に使用できるのは2.5ポンド
      (0.7号)まで、と思っているので大物(23センチ以上のメバル)
      にも向いていません。
      しかしナイロンが微風でも釣りに支障を
      きたすのに対してフロロは多少の風でもほとんど支障なし、
      浅場〜深場までの感度も良好と、結局メバルingではメインと
      なるライン、と思っています。

PE系・・・ほぼ、伸びがない、より糸のラインです。
      以前(10年ほど前)バス釣りに1度使ってすぐに絡まるし、
      伸びが無いためにすぐ当たりをはじくは、と当時はメリット
      を感じさせないラインでしたが、エギングを始めて、使った時
      びっくりしました。以前よりはるかに張りがあり、ライントラブル
      が激減したからです。
      遠投(30〜50m)での感度はフロロ、ナイロンの比では
      なく、ナイロン、フロロと比べ同じ号数なら2〜4倍ほどの強度
      があるので、ラインを細くできます。
      欠点は、ラインが軽い為風に弱い事、
      ライントラブルが多いこと、がありますが号数を細く使える事
      から、風の影響は軽減できると思っています。
      ライントラブルも、以前のものと比べたら、非常に使いやすくなって
      いると思います。もう1つの欠点は、より糸で、伸びもほぼないため
      リーダーが必須、なのですがそのためのラインシステムを組むのが
      めんどくさい^^;;というのがあります。
      僕はまだ、電車結びしかできないですが^^;;
      でも、1番使い勝手の良いラインになっていくかも?などと思って
      います。僕も今度日本海にメバル釣り行くときは使ってみたい
      と思っています。
      
       



ロックフィッシュのお買い得アイテム大集合
メバルにガシラにアコウ、これらを狙うリール、ロッド、ルアーが お手頃価格で手に入る!一度覗いて損はないですよ!

キロアップ連発!春エギングの必須アイテム
キロアップを爆釣するための必須アイテムがここに集結!! 爆釣のコツとは?その為に必要な釣り具とは何か… その答えはココにあります!

ルアーでクロダイを狙う!必須アイテム集合
もう間もなくチニングが開幕しますよ!道具はしっかり揃っていますか? 揃っていないなら、必須アイテムまとめて紹介しています。便利ですよ!

バスフィッシングをベイトリールで楽しもう
もう噂のアラバマリグは試しましたか?アラバマリグを投げるなら やっぱりベイトタックル!あなたもアラバマリグで爆釣を経験してみて はどうですか?

カテゴリ:釣りうんちく | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wildhalf4649.jugem.jp/trackback/18
トラックバック